Chromブラウザーを使用して、英語を学ぶ。

何かご質問があれば、お気軽にホープイングリッシュまでお知らせ下さい

ログイン

会社概要


社名 Kibou Education Co.,Ltd.
本社 7F.-1, No. 156, Sec. 3, Minsheng E. Rd., Songshan Dist., Taipei City 105
105 台北市松山区民生東路 3 段 156 号 7 階 1
※お電話でのお問い合わせ窓口は現在設けておりません。
お問い合わせはこちらからservice@kiboueigo.com
設立 2012年2月

本ウェブサイト、ホープイングリッシュ創始者は台湾人の兄弟チャーリーとCYです。
父親が英語、ドイツ語、アラビア語を独学で習得した経験から、彼らは外国語学習環境、特に英語学習環境に恵まれた家庭で育ちました。また、父親が自身の学習経験から発見した学習理論と彼が発明し特許も取得している言語学習機「慧澤語言學習機」を利用し、兄弟は高校から英語学習を本格的にスタートします。

高校の夏休みに、父親が発明した声を録音して繰り返す形式の学習機と彼の学習理論を実践し、たった1カ月で2人の兄弟は英語の成績を驚異的に伸ばします。彼らは特別勉強をしなくてもTOEIC高得点が取れる程安定した英語力を身に付けたのです。2人はここで培った英語力を活かし、チャーリーはアメリカの大学を卒業後ロサンゼルスで、CYはアジアのシリコンバレーとも呼ばれる新竹(台湾)で活躍します。後に父親から受け継いだノウハウを生かし、更に効率的な英語学習方法を見つけ出そうと一念発起し、台湾でホープイングリッシュを立ち上げました。

創始者のチャーリーとCYは、彼らが高校生の時に経験し、また現在多くの台湾人のお客様にも体験して頂いている様に、英語力が短期間で向上していく喜びを日本の方々にも伝えたいと願っています。

ホープイングリッシュの特徴
―なぜ台湾の英語教材か?
台湾はアジア圏でも英語教育への関心が非常に高く、小学校での英語教育はアジアで先駆けて必修化されました。この様に環境が整っている上、英語学習に何年間も費やすにも関わらず、多くの人々が英語習得に苦労するのが現状です。これは日本の現状に非常に似ています。日本と台湾が同じように抱える英語教育における深刻な問題点は、ずばり、効率よく学べる英語学習方法が無かった事です。
先駆け台湾では、ホープイングリッシュが学習効率に焦点を当てた方法を開発しました。全く新しい英語学習教材として有名メディアに多数取り上げられ、現在多くのお客様から支持されています。台湾の英語教育に革命を起こしたホープイングリッシュの英語学習法を日本の皆様にもお届けし、短期間で英語力が向上する感動を体験して頂きたいと考えています。

―なぜホープイングリッシュか?
ホープイングリッシュが提案するのは、最も効率が良い最新の英語勉強法です。
既存の暗記だけの詰め込み学習とは異なり、外国語学習の基礎である「繰り返し」と、英語圏の人々が話す会話に隠れている「英語のロジック(思考)」を基礎とした動画学習法です。単語テスト等で一時的に覚える英語よりも、長期間記憶に留まり、ネィティブスピーカーにより近い自然な英語圏の感覚を身に付けられます。さらに、ホープイングリッシュが厳選する動画教材は、様々なトピックに精通しており英語と共に今話題のニュース、文化、政治、医療、経済、音楽等も学べて一挙両得です。

―台湾と日本は使用言語が違うから、勉強法も違うのでは?
ホープイングリッシュの英語学習法の基礎である「繰り返し」と「英語のロジック」の理論はそのままに、日本人、台湾人、アメリカ人教師で日本のお客様に合った教材を共同開発しております。